Stylish more passive design
concept

コンセプト

つくり手の押しつけはいらない
楽しく好きに暮らす
パッシブデザインとは、「冬暖かく、夏涼しい家」
自然エネルギーを使い、エアコンを極力使わずに、快適に省エネにするという設計手法です。

きちんと算出した予想数値に基づいて設計を工夫し、建物の周りにある自然エネルギーである、太陽・風・地熱を最大限に活用・調節できるようにし、高い室内環境を実現させながら、省エネルギーに寄与しようとする、建築設計の考え方とその実際的手法です。

パッシブデザインとは
高気密・高断熱だけではない
家づくりにおいて、最低限の高気密・高断熱は必要です。
ですが、高気密・高断熱だけで省エネにするわけではないというのがこのパッシブデザインです。

経験や勘ではなく『事前の計算とシミュレーション』が大切になります。

その敷地や周辺環境に合わせた住宅を設計。
本質でのオンリーワン住宅を設計し、快適な住宅環境をご提案します。

高気密・高断熱だけでは、パッシブデザインとは言えないのです。

高気密・高断熱だけではない
パッシブデザイン5つの要素
『パッシブデザイン』には以下の5つの要素が必要です。
  1. 断熱気密
  2. 日射遮蔽と日射取得
  3. 自然風の利用
  4. 昼光利用
  5. 日射熱利用暖房
とても大切な5つの要素をもとに、設計しているのがパッシブデザインなのです。
パッシブデザイン5つの要素
保証・アフターサービス
私たちは、竣工したあなたの家を必ず定期訪問しています。
大工道具を持参しているので、その場その場で建具等の微調整も行っております。

特に不具合がなくても、点検の時に気になっていることをお気軽にご相談ください。
やがて出るかもしれない不具合を未然に防ぐこともできるはずです。

■新築のお客様には、お引渡し以後の6ヶ月、1年点検をさせていただきます。

■ 建物アフターサービス(10年間)
本建物主要構造について10年間保証します。
(説明は建物アフターサービス保証書に記載)

保証・アフターサービス
Passive Plan

パッシブプラン

『HEAT20 G2』の家
『HEAT20 G2』の家
パッシブデザイン費用の目安

当社が実現する断熱・保温性能
断熱・保温性能の指標である「Q値=1.6W/m2K以上」

起床時の温度 暖房している部屋と
していない部屋の温度差
自社の断熱・保温性能 15℃を下回らない 6℃前後
一般的な断熱・保温性能 12℃程度 10℃前後
12℃→桜が咲く頃(4月上旬)の外気温の平均
15℃→GW頃の外気温の平均
  • 物件概略
    木造軸組工法2階建て /外張り断熱工法 /3LDK+α
  • 建築概要
    延床面積:100.00㎡(30.25坪)
  • スケジュール
    計画期間:約2ヶ月/工事期間:約5ヶ月
  • 検査・品質
    住宅瑕疵担保責任保険(まもりすまい保険)/現場検査×4回
  • 保証・アフター
    瑕疵保証10年 /地盤保証20年 /白蟻保証5年 /定期点検6ヶ月・1年/ アフターサービス10年(本建物主要構造について10年保証します)
  • 建物本体参考価格
    2,600万円(税別)