Stylish more passive design
blog

Blog

2018.12.04

冬本番が近付き、そろそろ乾燥が気になる頃ですね。

空気が乾燥すると火事が増えます。
冬場は一番火災の起こりやすい季節なんです。

毎年、住宅火災によって約1,000人の方が亡くなっています。

大切なマイホームだけでなく家族の命をも奪う恐ろしい火災、住宅火災の発生や逃げ遅れを防ぐために消防庁は【いのちを守る7つのポイント】を防火対策として呼びかけているので紹介します。
  
 
 
________________________________________

3つの習慣
________________________________________
火災の発生を防ぐために3つの習慣を守りましょう。

1. 寝たばこは絶対しない
2. ストーブの近くに燃えやすいものを置かない
3. コンロに火をつけたままでそばから離れない

________________________________________

4つの対策
________________________________________
万が一に火災が発生しても、被害を抑え人命を守るために、日ごろから4つの対策をとりましょう。

1. 逃げ遅れを防ぐために、「住宅用火災警報器」を設置する
2. 寝具やカーテンなどには防炎品を使用する
3. 火災を小さいうちに消すために、住宅用消火器などを設置する
4. 日頃から隣近所との協力体制をつくる


 

消防庁の調べによると、2009年に建物火災で死亡した人のうち、約9割が住宅火災によるものでした。

そして、住宅火災で死亡した要因として最も多いのが「逃げ遅れ」で、全体の約6割を占めています。

「逃げ遅れ」の志望の要因は、主に深夜の就寝時間帯に火災の発生に気付かず、招いてしまった惨事と考えられています。少しでも早く火災の発生に気付く事が出来れば救われた命だったかもしれません。


特に火災の恐ろしさはにあります。煙により、呼吸を妨げられるだけでなく、視界を奪われてしまい、結果、避難することが困難になってしまいます。

つまり、火災から命を守るには、初期段階の発見により、避難する時間を少しでも多く作ることが重要です。



このような背景から、住宅火災発生時の「逃げ遅れ」を防止するため、全ての住宅について住宅用火災警報器の設置が全国で義務付けられました。 


________________________________________

一酸化炭素中毒とは
________________________________________ 
 
 
火災による死因で多いのは、やけどと一酸化炭素中毒・窒息です。

一酸化炭素は、火災によって生じる煙に含まれています。3~4分吸い込むと昏睡状態に陥るので非常に危険です。
 
たとえ火元から離れた場所にいても、火災発生に気付くのが遅れると、逃げ遅れて煙に巻かれ、死に至るケースも少なくありません。 
 
このことからも、住宅用火災警報器の設置により、火災の発生をいち早くキャッチする事が重要です。

 

 

∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴
パーソナルスタイル株式会社  PERSONAL STYLE
〒330-0064 
埼玉県さいたま市浦和区岸町7-8-13
TEL...048-762-9107 ・ FAX...048-762-9108
HP...www.pros-h.co.jp
∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴

 

 

 

2018.11.26

秋が深まり、カエデやイチョウが赤や黄色に色づく季節となりました。
紅葉が青空に映える日は、昼間はぽかぽか陽気でも朝晩は冷えますね。


さて、11月26日は「いい風呂の日」です。

お風呂で体の芯まで温まりたいところですが、冬の入浴では注意しなければならないことがあります。
それが入浴事故の要因の一つとされる「ヒートショック」です。
 
 
 

ヒートショックとは?
 
 
日本のほとんどの住宅は、リビングと廊下や水回り部分を比べると、約6~10℃の温度差があります。
ヒートショックとは、そうした暖かい部屋から寒い部屋、またはその逆 というように温度が急激に変化した際に、血圧や脈拍が上昇または下降して、 心臓や血管に大きな負担をかけることです。

ヒートショックが最も起きやすいのは冬場のトイレや浴室と言われています。

浴室事故の70%は脳卒中などの循環器系障害によるもので、

 
 
• ヒートショックによりお亡くなりになる人 約17,000人/年
• 交通事故でお亡くなりになる人    約3,900人/年

 

ヒートショックで亡くなる人は交通事故死者の約4倍です。

 

________________________________________

住宅内で温度差が出やすい場所
________________________________________
 
 

住宅内で温度差が出やすい場所は、以下のエリアです。

特に、肌を露出する「お風呂」や「トイレ」では注意が必要となります。

これらの場所を20℃程度の室温へと調整することで、血圧変動のリスクを軽減する事が出来るとされています。

 

• 脱衣所
• 洗面所
• 浴室
• トイレ
• 廊下
• 玄関

 

 

∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴
パーソナルスタイル株式会社  PERSONAL STYLE
〒330-0064 
埼玉県さいたま市浦和区岸町7-8-13
TEL...048-762-9107 ・ FAX...048-762-9108
HP...www.pros-h.co.jp
∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴

2018.11.20

『大好評のDIYイベント企画』

 

今回は、オリジナルコースター作りに挑戦しました!

最近、100均などでも珪藻土のコースターなどが売られていますが、
やはりオリジナリティ溢れるものは素敵だなと実感しました!


 

皆様、「大きさはどうしよう」「色は何色にしよう」「形は?」など思い思いに作成していただきました♪


自分の趣向を凝らしたオリジナルなものは普通にお店で買うよりも愛着が湧きますよね!
  

 

今後も皆様に、
 
 

「DIYってやっぱり"楽しい、面白い"
 
 

と想って頂けるような企画をしますので、
 
乞うご期待♪

 

 

∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴
パーソナルスタイル株式会社  PERSONAL STYLE
〒330-0064 
埼玉県さいたま市浦和区岸町7-8-13
TEL...048-762-9107 ・ FAX...048-762-9108
HP...www.pros-h.co.jp
∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴

 

 

2018.11.16

昨日、インテリアイベント国際見本市に行ってきました!


日本の7大家具産地をはじめ、テーブルウェア、ファッションアイテム、デザイン雑貨、生活用品など
空間全体を構成する商材が15カ国・地域から423社が東京ビックサイトに大集合♪

 

とてもカラフルなデザイン家具から、
 
________________________________________ 

自宅のような場所は他にない
=自分の家が一番のお気に入りの場所
________________________________________ 
がコンセプトの「リフレクションコード」さんの照明
 

 

長く厳しい冬の大半を家の中で過ごす北欧の人々は、家の中での心地良さをとても大切にしているといわれています。
 
 
そんな北欧のライフスタイルに共感し、スカンジナビアンデザインを取り入れながら日本の住環境に合わせてデザインされているリフレクションコードさんの照明はとても綺麗でした。

 

他にも色々なデザイン家具や雑貨を見てきましたが

とてもいい刺激を受けました!

 

∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴
パーソナルスタイル株式会社  PERSONAL STYLE
〒330-0064 
埼玉県さいたま市浦和区岸町7-8-13
TEL...048-762-9107 ・ FAX...048-762-9108
HP...www.pros-h.co.jp
∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴

 

2018.11.08

________________________________________

すっきりとしたオシャレな部屋の特徴
________________________________________


オシャレなホテルやお友達の新築のお部屋などで、なんとなくお部屋がスッキリしているように感じる。

そんな経験をしたことはありませんか?

そのようなスッキリして見える部屋には、実は共通点があります。

それは、部屋に「無駄な線」が少ないということです。


ものが多く、ごちゃごちゃしている部屋よりも、
机や棚のラインだけがくっきりと見える部屋の方がスッキリしているように感じられますよね?


もちろん、部屋にものがあふれている状態を改善することも大事ですが、

実は家づくりの段階から、この「無駄な線」を減らすことができるのです。

スッキリとした家づくりをお考えなら、ぜひ設計の段階から無駄な線をなくすことを
意識してみてはいかがでしょうか。

________________________________________

ハイドアで部屋をスッキリ見せる
________________________________________



天井まで続いているドア(ハイドア)をご覧になったことはありませんか?

ハイドアにすることで、天井とドアの間の無駄な空間がなくなります。


つまり、無駄な線が減り空間をスッキリ見せることができます。

また、標準的なドアよりも視線が上に行くことで、空間を広く見せる効果もあります。


ハイドアのデメリット


通常のドアは、ドア部分と壁の間に枠がありますが、ハイドアにはありません。
そのため、少なからず上下に隙間が発生し、そこから音や風が漏れてしまう可能性があります。

しかし、気密性の高い家なら、温度差が少ないために、隙間風はそれほど気にならないでしょう。

ただし、音は気になる場合があるので注意が必要です。


また、施工業者によってハイドアはオプションになる場合があるため、
通常のドアよりもコストがかかる傾向にあります。



パーソナルスタイルでは通常のドアのほかハイドアを選ぶこともできますので、

コストだけを基準に考えず、お好みのタイプを自由に選ぶことが可能です。



弊社では、ドア1枚の細かなところから「スッキリ見える空間」を追及する家づくりも可能です。

 

 

パーソナルスタイルオフィスで使用しているハイドアは

無垢(オーク)の無塗装板です。

自然素材を生かして、
美しくスタイリッシュな家づくりをしてみませんか?

 

 

∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴
パーソナルスタイル株式会社  PERSONAL STYLE
〒330-0064 
埼玉県さいたま市浦和区岸町7-8-13
TEL...048-762-9107 ・ FAX...048-762-9108
HP...www.pros-h.co.jp
∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴