Stylish more passive design
News

ニュース

2020.01.23

どちらの住まいがリーズナブルでしょうか?

建物価格だけ見ると、もちろん「A」の1700万円です。
しかし、暮らしに必要な

「光熱費」を加えて考えてみるとどうでしょう?

 

一般住宅高性能住宅の総コスト比較(40年間)

高性能住宅の方が約190万円も経済的

外気温に左右されにくく、冷暖房効率が高い高性能住宅は、暑い夏や寒い冬でも少ない冷暖房エネルギーで、快適な温熱環境を維持します。その結果、一般住宅と比べて光熱費(ランニングコスト)を約43%も抑えることが可能です。多少コストがかさんでも、気密・断熱性が高い住まいを「生涯支出」の発想で、求めることが大切です。


返済額でなく費用負担が少なくてすむ買い時を考える

家をいま買うのか、頭金をある程度貯めてから買った方がいいのか、定年時の残債という観点から生涯の住居費を確認することが重要です。

 

購入タイミングの違いによる比較例

このケースの場合「いま」建てる方が良いことがわかります。


イベントお申込み